骨董と日常 日本の骨董は素晴しい

わからなければ査定が上ることはない

リサイクルショップに買い取ってもらいたいものを持って行くとき、多くの種類のものに対してどんな査定が行われるか気になるでしょう。最近多いのはネットオークションなどで相場をチェックする方法が取られるようです。その相場を元に状態によって価値を下げることで、適正な買取価格を提示するようです。骨董品の買取になるとなかなかネットオークションなどでは出されないかもしれません。業者はそれなりに価値を知っているのでしょうが、中にはあまりわからないものの査定をするときもあるでしょう。この時にどんな価格をつけられるかですが、一般的には低い価値での査定になるようです。何となく高そうだから100万円にしましょうとなると、実際に10万円ぐらいの価値しか無ければ大きな損になります。200万円で売れるのが分かっていて初めて100万円で買いましょうとなります。持ち込む人からすると査定が低いからあきらめるのではなく、他の業者のいくつか周るのが良いと言えます。