骨董と日常 日本の骨董は素晴しい

骨董品には鑑定書が付くのかがポイント

骨董品の買取査定に鑑定士が携わるのなら、鑑定もしてもらえるのか、よくある疑問であり取り上げられる質問です。鑑定する番組では、その骨董品の値段までがつくため、同じような意味合いで査定と鑑定を使う買取業者も多くいますし、一般的に誤解も生じているようです。査定は、買取価格を決めるもので、鑑定は贋作防止のための本物である証に用いる言葉です。基本的に鑑定書の再発行はできないので、骨董品買取サービスを利用するならば、保管方法には注意しましょう。買取業者が査定を行う際、鑑定書の有無がポイントになります。有名作家の場合には、贋作が少なくありません。査定に持ち込む際に、鑑定士の鑑定書の有無で、査定額に大きな差が生じます。また、経験が浅い査定員も少なからずいるはずです。本物に触れる機会もあまりなく、情報だけが頼りになることもあります。その際に、鑑定士の手により鑑定した書類があれば、市場相場などから適正価格で査定額を提示できます。